ポーズによって深く呼吸すること

ストレスや運動不足などの偏った生活習慣により、慢性的に呼吸が浅い人は少なくない。
呼吸が浅いと、体内の細胞は酵素不足になり、不調の大きな原因となる。
まず、一つは新陳代謝の低下。
食事で取り入れたものをエネルギーとして燃焼させるためには酸素が必要。

 

例えば、暖炉を想像してみて。
薪に火をつけるだけではなかなか燃えないが、そこに十分な空気を入れると、たちまち炎が上がりだす。
体内で起こる現象もこれと同じ。
いくらバランスのいい食事をしたところで、栄養素が酸素と結びつかないとエネルギーには変化せず、新陳代謝の低下になる。

 

そして二つ目は、食べ過ぎ。

酸素が不足すると、内臓の働きをつかさどる自律神経の働きが狂ってしまう。
すると、感覚が鈍り体の求める以上のものを食べてしまう。
食べ過ぎの原因に。

 

その為、内蔵に必要以上の負担をかけない為にも、食事前に、自分がどれだけ食べ物を求めているかを体に聞くことが大切だ。
このように、ポーズによって深く呼吸することで、呼吸器や循環器の機能を高めることは、美味しい食事ができるだけでなく、免疫力アップや美肌にも効果があるのだ。