体を床から垂直に持ち上げる

ショルダースタンドで、体を床から垂直に持ち上げるには骨格の支えが必要だ。
つまり、体重のほとんどを支える為には、骨同士が整然と積み重なっていなければならない。

 

この位置関係での筋肉の働きは、骨格のバランスが崩れそうになった時に骨の位置を修正するために収縮するだけだ。
このように体が整列していると、腹部と胸部が広がり、周辺筋肉が緩んで可動性が高まるので、楽に呼吸できるようになる。

 

言い換えると、適切な骨格の支えを組み立てられれば、必要なのは最小限の筋肉運動のみで、呼吸が滑らかに流れることで疲れることなく長時間ホールドすることができるのだ。

このポーズにしばらく留まると、その生理学的マジックが作用し始める。
つまり、じっくりとストレッチされた首と上腕の筋肉が緩み、それらを緊張させる神経系の悪循環を防止する。

 

さらに、逆転姿勢が首と胸部上方にある血圧感知センサーを刺激することで、脳を落ち着かせ、心拍数を下げ、血管をリラックスさせる反射作用を引き出す。

アラインメントが崩れたポーズでは、肩甲骨、脊椎、骨盤、足が一直線上に並ばない。
これらの骨同士が支え合わない状態では、体は骨の重さに耐え切れず関節で折れ曲がりやすくなる。

 

股関節が折れ曲がりやすくなると、足が前方に倒れて骨盤が後方へぶら下がり、背骨が丸まって胸郭が陥没する。

重力に逆らって体を持ち上げると、いくつかの大きな筋肉(特に背中の脊柱起立筋と肩の三角筋後部)をかなり強く引き締めることになる。
調子が狂ったアラインメントでは、これらの筋肉は骨の位置関係を修正する為に必要に応じて収縮しないばかりか、床に崩れ落ちないように重力に抵抗する為、絶えず緊張を強いられる。

賢明な努力に反して、体は前方へ崩れやすく呼吸も困難になる。

 

 

さらに、胸と肩の柔軟性が不十分な状態で体をまっすぐに伸ばそうとすると、腕が床から浮いてしまう。
すると体がぐらつく為、すでに緊張状態にある背中の筋肉を激しく収縮させて、繰り返し姿勢を修正しようとする。
緊張した筋肉、困難な呼吸、絶え間ない注意があると、消耗するのが早く、背中や体のあちこちに激しい痛みを引き起こしやすくなる。